ポイント10%!日曜の夜はAGOがおトク!4時間限定ポイントアップ
  1. ゴルフ用品・グッズ通販 | 有賀園
  2. ゴルフ用品通販おすすめ・激安特集一覧
  3. 2024年最新!初心者必見!パターの打ち方・練習特集

2024年最新!初心者必見!パターの打ち方・練習特集

パター(パッティング)をもっと上達させたいけれど、どんな風に打てばいいのか分からない、どこで練習すればいいの?という初心者・中級者へ向けて、打ち方のコツや練習方法をご紹介!さらに、おすすめのゴルフパターや、練習用マット、ゴルフボールなども!カップインの可能性を上げてよりゴルフを楽しみましょう!

2024年最新!初心者必見!パターの打ち方・練習特集
2024年最新!初心者必見!パターの打ち方・練習特集

安定したストロークを身に付けるための打ち方のポイント

まっすぐなパッティングを打つためにはまず、基本的な構え方を身に着けることが大切です。この基本的な構えで重要な点としては、ボールに対してフェースがきっちりスクエアに当たっているか、肩のラインもスクエアになっているかです。このスクエアの感覚を掴むには、両足をそろえて構え、身体の中心にボールを置いてヘッドをセットすると良いです。体の真ん中でボールをヒットさせる感覚がつかめてきた次は自分に合ったスタンス幅を見つけましょう。スタンス幅はとにかく様々な幅を試して見ることです。スクエアを意識したうえでスムーズに振ることのできるスタンス幅を見つけ出しましょう。

また、ストローク中に体の姿勢が変わらないと良い転がりの球を打つことができます。この時のポイントとしては、お腹と背中に軽く力を入れることです。これによって姿勢が自然と良くなって高い位置からボールが見れるのでストロークしやすくなります。

ストロークの際の重要な点は、手首を使わずに肩でストロークするという事。手首を使って振るとリズム感が悪くなり、ストロークが安定しにくくなります。肩でストロークすることで肩から、腕、パターとシンクロして動くので軌道も安定するでしょう。他にも下半身が動いてしまうと軸がずれて、芯にきっちり当たらなかったり良い転がりの球が打てなかったりします。右足、特に右ひざを動かないように意識すると軸が安定するのでストロークも安定します。

パター上達への練習方法をご紹介

自宅でもできる練習方法
パターを成功させるには、まっすぐ打つことと、正しい距離感が大切です。
真っすぐボールを打つにはパターをまっすぐ引いてまっすぐ出すことが出来るようになると良いでしょう。例えばクラブを2本をパターのヘッドより少し大きい幅を開けてターゲットに向かって平行に置き、その間をシャフトに当たらないようにストロークしてみましょう。最初は難しいかもしれませんが、だんだんと真っすぐ打つ感覚がつかめるようになっていきます。

また、距離を打ち分ける練習もすると良いです。2mと4m、3mと6mなど距離感を倍にしたところに目印を置き、短い方からパッティングの練習を行うと感覚の違いが分かりやすくおすすめです。ショートパットの練習の時にはストロークが緩まないように気を付けましょう。また、視界に頼らず目を閉じてパター練習をしてみるのも良いでしょう。打った後に感覚的に置いた目印をオーバーしたか、ショートしたかを判断して、実際の結果とあっているのか確認してみてください。距離感を身につける練習は、実際のグリーンや練習場併設の練習グリーンで行うほうが感覚をつかみやすいですが、自宅で行っても効果はあるので自宅でもやっていけると良いでしょう。


ラウンド前にやっておいた方が良い練習方法
コースには練習グリーンがあるのでまず初めは、その日の芝の状態や転がりやすさ(練習マットと感覚は全く違います。)を実際に練習グリーンで肩の幅でストロークしてみて確かめてみることです。何回かボールを打ってみて肩の幅で打ってみた感覚を本番でも生かしてみましょう。次にショートパットの練習をします。カップから約1m程度の距離感で様々な角度から練習をしてみます。時間があれば少しずつ距離を話すとさらにいいですが、難しい距離にこだわらず入るイメージを持ってスタートすることが大切です。

また、ロングパットの練習は3球程度やっておくと、なんとなく距離感がわかるので良いでしょう。この時のポイントとしては入れるというイメージではなく寄せられればOKという気持ちをもって外しても気にしないことです。ここぞという時に決められるようにロングパットよりもショートパットを中心として練習することがおすすめです。

パッティング練習アイテムの中には、パターマットや絨毯、畳の上に設置して練習できるカップのみのものや、真っすぐ引いてまっすぐ打つ軌道を覚えられるゲートタイプのもの、ストローク後にボールが戻ってきて効率的に練習のできるもの、最近ではテレビに接続して視覚的にも実際に近い感覚で練習できる商品などがあります。パターマットを使用して練習をする場合は、練習して面白いと感じられるものを選ぶとモチベーションがアップするのでおすすめです。

パター関連のアイテムをご紹介!

おすすめパタークラブ

パタークラブ
パターはラウンドにおいて使用頻度が高いためスコアへの影響も高く、約4割を占めています。ヘッドの形状は大きく分けてピンタイプ、マレット型、ネオマレット型、L字タイプの4種類があり、さらにネックの形状、フェース素材、長さなどの違いによりボールの回転の加わり方や転がりやすさなどが異なってきます。

> パタークラブ一覧はコチラ <

おすすめパターカバー

パターカバー
ゴルフクラブのヘッドを傷から守る役割と、他の人のクラブとの取違いを防ぐ役割のあるヘッドカバー。クラブに付属する純正品、ゴルフメーカーやアパレルメーカーから出ているもの、キャラクターのぬいぐるみ型のものなどがあります。さまざまなデザインやカラー、素材があるので自身のお気に入りの物を選びましょう。

> パターカバー一覧はコチラ <

おすすめゴルフボール

ゴルフボール
ゴルフボールの種類は大きく分けて 「スピン系」 と 「ディスタンス系」 、ディスタンス系とスピンの中間の 「第3系」 があります。デザインやカラーも豊富で特にボール自体にラインがプリントされているゴルフボールは、目標に対してスクエアに構えやすくパッティング練習にもおすすめです。

> ゴルフボール一覧はコチラ <

おすすめパッティングマット

パッティングマット
スコアアップにパット数を減らすことは欠かせません。パッティング練習器具にはスイング練習やアプローチ練習と違い、自宅でトレーニングできるものが多くおすすめです。

> パッティングマット一覧はコチラ <

以上、有賀園ゴルフオンラインAGOで販売中のパター関連のアイテムをご紹介しました!パターの構え方や自宅でも出来るパッティング練習方法を実践してみて、安定して真っすぐなボールを打てるようになれればスコアアップも間違いなしです!

あなたにおすすめの特集