毎月15日の24時間限定で開催!月替わり「ど真ん中セールクーポン」
  1. ゴルフ用品・グッズ通販 | 有賀園
  2. ゴルフ用品通販おすすめ・激安特集一覧
  3. 2024年最新!2023年最新!初心者や中・上級者におすすめのスキー板の人気ランキングを20選紹介!選び方まで解説!

2024年最新!初心者や中・上級者におすすめのスキー板の人気ランキングを20選紹介!選び方まで解説!

スキーを始めたい!けど、スキーの種類が多くてどれを選べばいいかわからない...詳しく知りたいけど近くにショップもない...そんなお悩みの方必見!初心者の方から中級者の方までに向けたスキーの選び方をわかりやすくご説明します。最新おすすめアイテムも紹介していますので最後まで確認をお忘れずに!

2024年最新!初心者や中・上級者におすすめのスキー板の人気ランキングを20選紹介!選び方まで解説!
2024年最新!初心者や中・上級者におすすめのスキー板の人気ランキングを20選紹介!選び方まで解説!

スキー板の選び方とポイント!

まずは自分がどんなスキーをするかを確認します

スキー DEMOモデル

基礎モデル&オールラウンドスキーモデル
基礎モデルは検定などを取ることを目指したスキーです。小回り、中回り、大回り用と別れているものが多く、最初は小回り用から購入することをおススメします。オールラウンドスキーは、ゲレンデをクルージングする様なレジャースキーを視野に作られているスキーです。基礎スキーモデルとの違いは、小回り用などの設定がないことです。検定は取らずに楽しくゲレンデスキーを楽しみたい方はオールラウンドスキー一択!一般的なオールラウンドモデルのセンター幅は70~80mmです。

スキー オールマウンテンスキーモデル

・オールマウンテンスキーモデル
オールマウンテンスキーは、ゲレンデバーンから非圧雪バーンまで幅広く対応が可能なスキーです。センター幅は80~100mmまでと幅広く、ゲレンデバーンの比重が高いスキーヤーはセンター幅80~90mmを、非圧雪バーンの比重が高くなればセンター幅90mm~100mm近くを選ぶといいでしょう。

スキー バックカントリー&パウダースキーモデル

バックカントリー&パウダースキーモデル
バックカントリースキーはスキーを履きながら山を登り、非圧雪バーンを滑ることに特化したスキーです。最大の特徴は軽さで、他のモデルよりも登坂することを視野に入れているため軽量化されています。パウダースキーは浮力感が得られるようトップとテールのロッカー形状が強くなっているのが特徴です。接雪面が短くなるので操作性が抜群です。センター幅も100mm~130mmとありますのでパウダーの比重が高ければ高いほど、センター幅が広いスキーをお選びいただくと良いでしょう。

スキー フリースタイルスキーモデル

フリースタイルスキーモデル
オリンピックでも正式種目になっている「フリースタイルスキー」は、ハーフパイプや、モーグルなどの競技向けの形に縛られない自由なスキーを視野に作られたスキーです。ゲレンデのパークに入りたい方や、コブをモーグル選手のように滑ってみたいという方向けです。

スキー板のスペックとは

スキー板 スキーのスペックとは

スキー板にはスリーサイズ(サイドカット)や、④ラディウス(回転半径)というスペックの表記があります。スリーサイズには呼び方があり、上から順に①トップ、②センター、③テールと呼び、それぞれの幅の表記がされています。そのスリーサイズにより、ラディウス(回転半径)が決まります。ラディウスとは、数字が大きくなればなるほど大回りに向いたスキーに、小さくなればなるほど小回りに向いたスキーになります。

自分の身長、体重を確認しましょう

スキー板 自分の身長、体重を確認しましょう

スキー板は身長、体重によって、長さや幅、素材が大きく異なります。現在のスキーはカービングスキーという簡単にターンのできる形状になっています。そのため、ゲレンデでの圧雪バーンを滑る初心者の方は身長の-5cm~-10cmのスキーを推奨しています。中級者以上の方であれば、レベルによって身長より長い板を選ぶなどの選ぶ選択肢が増えてきます。オールマウンテンスキーの場合は、センター幅が太ければ太いほど新雪やパウダー向きのスキーになります。上級者になると自分の好みでスキーの長さを変えるため、上級者に目安はありません。

ビンディングの装着位置を考えよう!

アルペン・基礎モデル&オールラウンドスキーヤーの方
アルペン・基礎&オールラウンドスキーモデルは、自社開発や大手ビンディングメーカーと共同開発したカービングプレート・手動式システムプレートにご自身のブーツソールサイズに合わせビンディングをセッティングするとメーカー推奨のスキーセンターとブーツセンターが自動的に合うよう製造されております。アルペン・基礎&オールラウンドスキーモデルはメーカー推奨のスキーセンターをおすすめします。

フリースタイルスキースキーヤーの方
フリースタイルスキーモデルはアルペン・基礎&オールラウンドスキーモデルと異なりスキー本体にビンディングを装着をします。使用目的によりおすすめするビンディングを装着位置が変わります。パーク&パイプをメインの方は、コードセンター(ドセンター)から2.5cm後までセットバックをおすすめします。また滑走性を求める方はコードセンター(ドセンター)より3cm以上のセットバックをおすすめします。コードセンター(ドセンター)に近ければ近いほどパーク&パイプ、コードセンター(ドセンター)より遠ければ遠いほど滑走性が上がることになります。どちらを比重を置くか良くお考えください。ご参考にパーク&パイプスキーヤー向けの方に、Mt.Peaks契約選手・ライダーのビンディング装着位置をご紹介します。

TUNGSTEN SPEED CARTRIDGETUNGSTEN SPEED CARTRIDGETUNGSTEN SPEED CARTRIDGETUNGSTEN SPEED CARTRIDGECUT WAVE SOLE
佐藤 雅夏伊藤 瑠耶鈴木 冬偉三浦 地平松崎 巧
(全日本スキー連盟強化指定)
コードセンター(ドセンター)より1.5cm セットバック
(全日本スキー連盟強化指定)
コードセンター(ドセンター)より1.5cm セットバック
(神立フリースタイルスキースクール)
コードセンター(ドセンター)より1.5cm セットバック
(神立フリースタイルスキースクール)
コードセンター(ドセンター)より1.5cm セットバック
(フリー)
コードセンター(ドセンター)より1.5cm セットバック

バックカントリー&パウダースキーモデル
バックカントリー&パウダースキーモデルはフリースタイルスキーモデルと同様、スキー本体にビンディングを装着をします。基本、メーカー推奨のセンター位置でのビンディング装着をおすすめしますが、ATOMIC・BENTCHETLER 120やARMADAゼロシリーズ・WHITEWALKER 121などのライダーモデルは、フリースタイルスキー向けのポジションをメーカー推奨センターにしている為、普通に滑走するスキーヤーにはご注意が必要です。ご不明な点は有賀園ゴルフオンラインまでお問い合わせください。

スキー板のデザインも重要。

スキー板 デザインも重要。

スキー板にはたくさんのデザインがあります。ど派手なものからスタイリッシュなもの、形状も変わった形状のものもあります。自分の好きなデザインを選んでスキーをするのもスキーの楽しみ方の一つです。好きなデザインのスキーでゲレンデを滑ることができたら楽しみも倍増です。

スキー板のおすすめブランド

スキーのブランドのご紹介をします。気になるブランドはクリック!

  • ATOMIC(アトミック) スキーブランド

    ATOMIC(アトミック)
    1955年にオーストリアにてスキー板の専業メーカーとして生まれた老舗ブランドです。レースからバックカントリーまで幅広い層のスキーヤーに人気のブランドで、攻撃的な加速が特徴。

  • SALOMON(サロモン) スキーブランド

    SALOMON(サロモン)
    1947年にフランスで生まれ、今ではスキーだけでなくアパレルやアウトドア用品と多岐にわたる商品展開をしています。高い操作性や安定性でスキーヤーから支持を得ています。

  • ARMADA(アルマダ) スキーブランド

    ARMADA(アルマダ)
    2002年にカリフォルニアで生まれ、ライダーと共に作り上げていくことをコンセプトにX-GAMEやオリンピックなどで輝かしい成績を残してきました。あらゆるジャンルで人気のブランドです。

  • OGASAKA(オガサカ) スキーブランド

    OGASAKA(オガサカ)
    1958年に長野で生まれたスキー板専業ブランド。メイドインジャパンが誇る高性能、高品質のスキーは国内のどこのスキー場でもパフォーマンスを発揮してくれます。

  • BLASTRACK(ブラストラック) スキーブランド

    BLASTRACK(ブラストラック)
    2011年にデビューしたオガサカスキーのファクトリーブランド。エッヂプロテクター以外に金属を使わない軽量構造によりスキー本来のレスポンスを最大限に発揮できるスキーが特徴。

  • K2(ケーツー) スキーブランド

    K2(ケーツー)
    1962年にワシントンで創業したアメリカンスキー・スノーボードブランドです。長い年月の中、ガレージブランドからグローバルブランドに進化した今でも老若男女に絶大な支持を誇るブランドです。

  • LINE(ライン) スキーブランド

    LINE(ライン)
    スキーヤーのためのスキー作りをコンセプトにニューヨークの小さなガレージで誕生。独特なシェイプ、奇抜なデザインはスキーヤーの心を鷲掴みにしています。

  • VOLKL(フォルクル) スキーブランド

    VOLKL(フォルクル)
    1923年にドイツで製造を開始し、今まで多くのスキー選手が使用してきた。なかでもUVOシステムは振動抑制のためのシステムとして上位モデルに搭載され、革新的なスキー開発を行っています。

  • ICELANTIC(アイスランティック) スキーブランド

    ICELANTIC(アイスランティック)
    コロラド発のガレージブランド。トップシートのグラフィックは多くの人を虜にしています。日本では近年、爆発的な人気を誇っています。

  • FACTION(ファクション) スキーブランド

    FACTION(ファクション)
    キャンディットとのパートナーシップを結び一躍有名になったスイス発のブランド。北京オリンピックのビッグエアやスロープスタイルでは多くの選手が使用していました。近年はバックカントリーにも力を入れ今季注目の1台もファクションです。

  • BLACKCROWS(ブラッククロウズ)スキーブランド

    BLACKCROWS(ブラッククロウズ)
    俳優の松田翔太さんも使用しているフランス・シャモニーで生まれたブランド。ゲレンデからバックカントリースキーまで軽量ながらも安定感のあるスキーが特徴です。

  • ROSSIGNOL(ロシニョール) スキーブランド

    ROSSIGNOL(ロシニョール)
    フランスといえばこのスキー。ピンクでど派手なスーパーヴィラージュは一世を風靡しました。ロシニョールの作るスキーは誰が使っても納得できるスキーばかりです。

  • DYNASTAR(ディナスター) スキーブランド

    DYNASTAR(ディナスター)
    1963年にフランス・モンブランで誕生しました。ジュリアン・リゼルーやクリスチャン・ノエルといったフランス人選手が使用しています。現在はグループロシニョールとしてロシニョールと切磋琢磨し、スキー作りを行っています。

  • HEAD(ヘッド)スキーブランド

    HEAD(ヘッド)
    アメリカ発のスキーで、テニスとスキーどちらでも有名です。アルペンレースでは近年類いまれなる成績を残しています。ヘッド独自のEMCシステムや、重厚感あるスキーは重戦車のようにゲレンデを駆け抜けます。

  • ELAN(エラン) スキーブランド

    ELAN(エラン)
    スロベニア産のスキーブランド。ステンマルクが使用したスキーとして有名で、左右非対称のスキー構造アンフィビオテクノロジーは驚異的なターンを実現します。

  • NORDICA(ノルディカ) スキーブランド

    NORDICA(ノルディカ)
    イタリアのブーツブランドからスタートし、ケスレ社のスキーノウハウを吸収し、現在はテクニカグループとして今もなお人気です。スキー界随一のレスポンスの速さは、ドーベルマンという名前に相応しいスキーです。

  • BLIZZARD(ブリザード) スキーブランド

    BLIZZARD(ブリザード)
    1945年創業の老舗ブランド。ブランドカラーのオレンジは雪上で目立つこと間違いなし。FWT(Freeride World Tour)での使用率はダントツ。滑走性能とバランスの取れたスキーです。

  • FISCHER(フィッシャー) スキーブランド

    FISCHER(フィッシャー)
    1924年創業の老舗ブランド。スキーと言えばフィッシャーといわれるほどのトップブランドに成長。独自のスキー形状や一歩先を行くアイデアはフィッシャーならでは。老若男女問わず使用されています。

  • STOCKLI(ストックリー) スキーブランド

    STOCKLI(ストックリー)
    スイスメイドのハンドメイドスキー。1年に作られる台数に限りがあり、ハンドメイドならではのしっとりとした滑り心地が持ち味。アルペンレースでも近年ストックリー使用選手がWC総合優勝をしています。

  • DPS(ディーピーエス) スキーブランド

    DPS(ディーピーエス)
    アメリカ発祥のプロスキーヤーとエンジニアのコラボレーションスキー。世界初となるブリグレイブカーボンを搭載したサンドイッチ構造のスキーを発表し、世界を驚かせました。軽量でタフなスキー。

  • WAPAN(ワパン) スキーブランド

    WAPAN(ワパン)
    日本ブランドですが、コロラドメイド。和柄のグラフィックが特徴的です。グラフィックを手掛けるのは元アルペンスキー選手。日本とアメリカのハイブリッドに誰もが観劇します。

  • SEASON(シーズン) スキーブランド

    SEASON(シーズン)
    2020年創業の新規ブランド。LINEライダーであったエリック・ポラードが設立したことで衝撃が走りました。オールブラックなグラフィックにスワローテイル構造がスタイリッシュなスキーです。

  • 4FRNT(フォーフロント) スキーブランド

    4FRNT(フォーフロント)
    2002年に創業した比較的新しいブランド。MSPモデルのみエラン工場で製造しており、トップクオリティのスキーに仕上がっています。それ以外のスキーはハンドメイドで製造しており、流通量が少なく日本での使用者は珍しいです。

2024年最新!おすすめスキー板をご紹介!!

スキー板のスタイル別おすすめ紹介です。気になったらクリック!

■基礎モデル&オールラウンドスキーモデル

1位. サロモン SALOMON ADDIKT PRO+Z12 GW アディクトプロ スキー板 ビンディングセット 2023-2024

サロモン SALOMON ADDIKT PRO+Z12 GW アディクトプロ スキー板 ビンディングセット 2023-2024

BLADE テクノロジーを搭載した新世代ゲレンデスキー。テール専用BLADE テクノロジーのモーションテイルを採用。66mmの細めのセンター幅と相まって、加速性能に優れ、機敏な操作性を提供。小回りも大回りも、低速も高速も、自在に操作できます。

価格165,000円
サイズ156cm / 163cm / 170cm
メーカーサロモン(SALOMON)

2位.オガサカ OGASAKA TC-SB+rMOTION3 12 GW ティーシー-エス ビー+rMOTION3 12 GW スキー板 ビンディングセット 2023-2024

オガサカ OGASAKA TC-SB+rMOTION3 12 GW ティーシー-エス ビー+rMOTION3 12 GW スキー板 ビンディングセット 2023-2024

技術選小回りモデル。ターン始動時からしなやかで推進力のある質の高いターンが可能。鋭く推進力のあるターンから、コントロール性の高いターンまで、乗り手の能力を最大限に発揮できるモデル。

価格196,900円
サイズ155cm / 160cm / 165cm / 170cm
メーカーオガサカ(OGASAKA)

3位.アトミック ATOMIC REDSTER S9i REVOSHOCK S + X 12 GW レッドスター S9i レボショックS スキー板 ビンディングセット 2023-2024

アトミック ATOMIC REDSTER S9i REVOSHOCK S + X 12 GW レッドスター S9i レボショックS スキー板 ビンディングセット 2023-2024

定番の安定感に優れたデモ小回り系モデル。レボショックシステムにより、自分の思い描いたターンが一連の動作としてストレスなくスキーに伝わり、滑っていて気持ちの良い推進力と爽快感を乗り手が受け取れます。驚くほど静かなのに、思い通りにスキーが動き爆発的な推進力を生み出します。軽快なスキーコントロール性と抜群な振動吸収性が両立、特にハイスピードの安定性が向上しターン弧の大きさとスピードのコントロール性を提供。ウルトラウォール採用でパワー伝達性、エッジグリップの向上します。

価格175,890円
サイズ155cm / 160cm / 165cm / 170cm
メーカーアトミック(ATOMIC)

4位. フォルクル VOLKL DEACON 72 + rMOTION 3 12 GW ディーコン 72 スキー板 ビンディングセット 2022-2023

フォルクル VOLKL DEACON 72 + rMOTION 3 12 GW ディーコン 72 スキー板 ビンディングセット 2022-2023

今季22/23シーズン最注目モデル。オンピステの全てを満喫できる究極の「ザ・オールラウンドモデル」。安定感と軽快さを併せ持ち、乗れば即座に感じられる操作性の良さが魅力。サイズ展開も充実しています。

価格154,000円
サイズ158cm / 163cm / 168cm / 173cm
メーカーフォルクル(VOLKL)

5位.ロシニョール ROSSIGNOL SUPER VIRAGE VII LTD R22+SPX 12 ROCKERACE GW スーパーヴィラージュ Ⅶ LTD R22 スキー板 ビンディングセット 2022-2023

ロシニョール ROSSIGNOL SUPER VIRAGE VII LTD R22+SPX 12 ROCKERACE GW スーパーヴィラージュ Ⅶ LTD R22 スキー板 ビンディングセット 2022-2023

1990年代前半、その圧倒的なパフォーマンスで日本のスキーシーンを席巻したスーパービラージュ。雪質を選ばず、あらゆるスピードゾーンで高い性能を発揮した往年の銘機。すべてのスキーヤーの憧れであった最高峰の1台がここに復活!

価格170,500円
サイズ166cm
メーカーロシニョール(ROSSIGNOL)

■オールマウンテンスキー

1位. アイスランティック ICELANTIC Shaman 2.0 99 シャーマン 2.0 99 スキー板 単品 2023-2024

アイスランティック ICELANTIC Shaman 2.0 99 シャーマン 2.0 99 スキー板 単品 2023-2024

帰ってきたSHAMAN 2.0は、ICELANTICで最も人気のあるSHAMANを改良したニューバージョン! ICELANTICの象徴的なスキー『SHAMAN』 オリジナルのシャーマンデザインのコンポーネントを採用し、最新のテクノロジー、素材、プロファイル形状を集結させ、生き生きとした楽しいスキーに仕上がっています。 SHAMAN特有の先端の尖った形状、幅広ロッカーのノーズとテールで、深い雪でも先端が沈み込むこともなく快適にスキーを操作することができます。8mmのキャンバーとタイトで先細りのサイドカットにより、楽にターンインとターンアウトもできます。 SHAMAN 2.0 は99mmと110mmのウエストパターンがあるので、バリエーションを楽しんでもらえます。 これまでに感じたことのないスキーをどうぞ!POPLAR WOOD CORE:100%ポプラ材のポプラ パワーコア。どんな地形や山でも対応するパワーとしなやかさを兼ね備えたICELANTICのスキーで一番採用されている万能なコア材です。

価格129,800円
サイズ169cm / 176cm / 182cm
メーカーアイスランティック(ICELANTIC)

2位.サロモン SALOMON QST 98 キューエスティー 98 スキー板 単品 2023-2024

サロモン SALOMON QST 98 キューエスティー 98 スキー板 単品 2023-2024

シリーズ中、最も多様性に富んだ98mmウエストモデル。モダンなシェイプ、最先端の軽量素材、独自の振動吸収システム、ダブルサイドウォールを採用し、パワフルかつ遊び心に溢れた滑りを楽しめます。

価格110,000円
サイズ169cm / 176cm / 183cm / 189cm
メーカーサロモン(SALOMON)

3位.アトミック ATOMIC BENT 100 ベント 100 Grey Metallic/Blue スキー板 単品 2023-2024

アトミック ATOMIC BENT 100 ベント 100 Grey Metallic/Blue スキー板 単品 2023-2024

ベントチェトラー120をスリムにしたバージョンです。デニス・ラナルターはこのスキーを「完璧なオールラウンダー」と呼んでいます。ウェスト100mmと汎用性の高いディレクショナルシェイプは、チップとテールにHRZN Techを採用し、表面積と浮力を増加させています。ライトウッドコアとたっぷりとしたパウダーロッカーは、ピークからパークまで山全体を切り込むことを可能にします。デュラキャップサイドウォールは、パワー伝達をコントロールし、硬い雪面でも圧倒的なエッジグリップ力を発揮します。新雪、深い雪、ハードなコンディションでも、ベント100は他のどのモデルよりも優れています。

価格98,890円
サイズ164cm / 172cm / 180cm / 188cm
メーカーアトミック(ATOMIC)

4位. フォルクル VOLKL DEACON 80+LOWRIDE XL 13 FR DEMO GW ディーコン 80 スキー板 ビンディングセット 2021-2022

フォルクル VOLKL DEACON 80+LOWRIDE XL 13 FR DEMO GW ディーコン 80 スキー板 ビンディングセット 2021-2022

異次元のカービングターンを実現する全く新しいコンセプトのオールマウンテンスキー。80mmというやや幅広いスキーながらも敏感さや操作性の良さを実感できる。幅広いスピード領域で様々なターン弧を楽しむことができる3Dラディウスを採用。

価格126,500円
サイズ177cm
メーカーフォルクル(VOLKL)

5位.アイスランティック ICELANTIC Riveter 85 リベーター 85 スキー板 単品 2023-2024

アイスランティック ICELANTIC Riveter 85 リベーター 85 スキー板 単品 2023-2024

Riveter は汎用性とコントロール性を重視して設計されたオールマウンテンモデル。今季からテールのロッカーをなくし、有効エッジを長くすることで整地・不整地の両方でパフォーマンスを向上させた。ディレクショナルなテーパードシェイプと5mmキャンバーの組み合わせが、山のあらゆる場所で優れた性能を発揮。ポプラパワーコアを採用することでフレックス/トーションに張りをもたせ、どんな状況でも自信を持って滑ることができる。

価格111,100円
サイズ150cm / 155cm / 162cm / 169cm
メーカーアイスランティック(ICELANTIC)

■バックカントリー&パウダースキー

1位. アルマダ ARMADA LOCATOR 112 ロケーター 112 スキー板 単品 2023-2024

アルマダ ARMADA LOCATOR 112 ロケーター 112 スキー板 単品 2023-2024

112はロングハイクでさらに奥地のディープパウダーハントをするために開発されました。180cm(1500G)という超軽量スキーでありながらもカーボンでパワーアップを図ることでパワフルなエッジングと高速滑走を可能とする強さを兼ね備えております。また、浮力を発生させるワイドなトップを有しながらもキャンバーアーチを低く設定することでディープパウダーをハイスピードで滑走することが可能となりました。ハイク&ライドをさらに極めるスキーヤーをネクストレベルへ導くBC最速スキーに違いありません。

価格115,500円
サイズ166cm / 173cm / 180cm / 187cm
メーカーアルマダ(ARMADA)

2位.ファクション FACTION Mana 3 マナ 3 スキー板 単品 2023-2024

ファクション FACTION Mana 3 マナ 3 スキー板 単品 2023-2024

パフォーマンス、コントロール、遊び心、それがMana 3だ。112mmのセンターを持つフリースタイルスキーにインスパイアーされた一台だ。ポプラコア構造に、ゆったりしたロッカーと少しのキャンバーを持ち、エッジホールドと安定性を犠牲にすることなく、プレスやピボットを行うことができる。Mana 3には独自のカーボンラバーストンプパッドが搭載され、あらゆるコンディションでハードなキーをするために必要なタフネスを備えている。100%再生可能エネルギーで作られ誇るオーストリア製の構造を採用している。

価格126,500円
サイズ172cm / 178cm / 184cm / 190cm
メーカーファクション(FACTION)

3位.アトミック ATOMIC BENT 110 ベント 110 Red Metalic/Blue スキー板 単品 2023-2024

アトミック ATOMIC BENT 110 ベント 110 Red Metalic/Blue スキー板 単品 2023-2024

ベンチェトラー 120と同様のアプローチで、幅は若干狭くなっています。ジョサイア・ウェルズがバックカントリーフリースタイル、パウダーを滑りにリフトを周回する日や、120の幅が必要のない日に使用するスキーです。ベント 110は、HRZNテック チップアンドテールを採用し、スキーを太くすることなく、パフォーマンスと浮力を向上さ せました。110は120よりもテールのロッカーが少し抑えられていますが、それでも様々なチョップやクラッドに対応します。ライトウッドコアは軽量化され、レスポンスがよくなっています。トップシートとベースアートはクリス・ベンチェトラーが手がけており、110は彼の山へのアプローチを反映した、クリエイティブでユニークなモデルとなっています。

価格114,290円
サイズ164cm / 172cm / 180cm / 188cm
メーカーアトミック(ATOMIC)

4位. アルマダ ARMADA ARW 116 VJJ UL エーアールブイ 116 VJJ UL スキー板 単品 2023-2024

アルマダ ARMADA ARW 116 VJJ UL エーアールブイ 116 VJJ UL スキー板 単品 2023-2024

ARW 116 VJJ ULはJJブーム再来をもたらしたZERO ARV 116 JJ ULと共通の構造とスペックを有するユニセックスモデルとなっております。JJは誰もがオートマチックにパウダーを滑走できるパウダースキーの決定版として認知が定着しつつあります。UL(ウルトラライト)=非常に軽量ではあるが、最新テクノロジーと素材の融合により不安を感じさせない安定感を兼ね備えております。非常に薄くしなやかなノーズはターン時に雪を受けしなり、抜群の浮力を生み出します。また、トップとテールにはエッジレス&3D形状のスミールテックが施されており、スイングウエイトの軽減、スムースなターンやパウダーでのバター系トリックをアシストしライダーの遊び心をくすぐります。ARMADAの最先端技術と経験を集結させた最強のパウダースキーでありながら、重量、センター幅、安定感、操作性、ロッカーのバランスが絶妙にマッチしオールラウンドな使い方も可能な汎用性の高いスキーとなっております。

価格110,000円
サイズ165cm / 175cm / 185cm
メーカーアルマダ(ARMADA)

5位.フォルクル VOLKL REVOLT 121 リヴォルト 121 スキー板 単品 2022-2023

フォルクル VOLKL REVOLT 121 リヴォルト 121 スキー板 単品 2022-2023

ウェイトが軽くパウダーでのトリックもツアーリングもこなせる万能さに加え、高速安定性、整地でのグリップ力も高評価の最高に楽しく遊べるフリースタイルパウダーモデルです。

価格96,800円
サイズ177cm / 184cm
メーカーフォルクル(VOLKL)

■フリースタイルスキー

1位. ファクション FACTION Prodigy 1 プロディジー 1 スキー板 単品 2023-2024

ファクション FACTION Prodigy 1 プロディジー 1 スキー板 単品 2023-2024

Prodigy 1は、ベストセラーとなった2の形状を反映し、エリプティカサイドカットデザインとフルストレングスのサイドウォールが、最高のエッジホールドを実現させた一台だ。2と比較し、センターが10mm狭くなったことで、パークや整地でのより正確なエッジコントロールが可能になっている。コアにはポプラとアッシュをミックスさせることで、さらにパワフルにストンプする着地にも耐えうる強度を確保している。またトップとテールにはアンチチップ・マイクロキャップ構造とXL 2.5mmエッジを採用することで、スキーの耐久性を高めている。

価格74,800円
サイズ158cm / 164cm / 171cm / 178cm / 184cm
メーカーファクション(FACTION)

2位.フォルクル VOLKL REVOLT 86 SCORPION リヴォルト86スコーピオン スキー板 単品 2023-2024

フォルクル VOLKL REVOLT 86 SCORPION リヴォルト86スコーピオン スキー板 単品 2023-2024

ディレクショナルサイドカット、スキーセンター部にサイドウォールを組み込んだ構造でジャンプ、バター、プレスなど様々な動きに果敢に挑戦したくなるモデルです。

価格71,500円
サイズ148cm / 156cm / 164cm / 172cm / 180cm
メーカーフォルクル(VOLKL)

3位.ライン LINE CHRONIC 94 クロニック 94 スキー板 単品 2023-2024

ライン LINE CHRONIC 94 クロニック 94 スキー板 単品 2023-2024

オールマウンテン,フリースタイルスキーを楽しむために設計されたCHRONIC 94。23-24シーズンのCHRONIC 94はコア内の結合を高め、耐久性を高める新しいシンチップテクノロジーとエッジ強度を高める厚みのあるサイドウォールでこれまでにない丈夫なフリースタイルスキーになりました。

価格97,900円
サイズ164cm / 171cm / 178cm / 185cm
メーカーライン(LINE)

4位. アルマダ ARMADA BDOG ビードッグ スキー板 単品 2023-2024

アルマダ ARMADA BDOG ビードッグ スキー板 単品 2023-2024

フィル・カサボン プロモデル。スキーをクリエイティブなスポーツとして配信を続けるフィルカサボンのシグネチャースキー。彼の異次元な板捌きやプレス系のトリックに魅了されているファンも多いのではないでしょうか。ストリートやパークでのハードライディングに耐え抜く2.5インパクトエッジを搭載。あえてサイドウォールを短くする事で、トップ&テールがソフトで捻れやすくバターやオーリー・ノーリーといったトリッキーな動きを可能としております。今回、スキー全体が均一にたわむサークルフレックスを搭載しまるでエッジレスかのような柔らかさを手に入れました。ARMADAで最もソフトで遊び心溢れる1台であるに違いありません。多くのARインターナショナルライダーが挙って使用するスキーの一つでもあります。

価格115,500円
サイズ164cm / 172cm / 180cm
メーカーアルマダ(ARMADA)

5位.フォルクル VOLKL REVOLT 95 リヴォルト95 スキー板 単品 2022-2023

フォルクル VOLKL REVOLT 95 リヴォルト95 スキー板 単品 2022-2023

フォルクルフリースタイルモデルの中でも最も愛される ロングセラーモデルです。チップとテールの絶妙なフ レックスポイントが卓越した操作性と安定感の中でラ イダーの創造性を無限大に引き出します。

価格69,300円
サイズ157cm / 165cm / 173cm / 181cm
メーカーフォルクル(VOLKL)

スキー板についてのよくある質問

  • Q.スキー板の寿命はどのくらい?
  • A.スキー板の寿命は、使用頻度や使用条件、スキーヤーのスキースタイルによって大きく異なります。

    1.使用頻度とスタイル: 頻繁にスキーをされる場合、年に数回スキーに行かれる方よりもスキー板はより早く摩耗します。また、ジャンプやトリックを頻繁に行う場合も、板に負担がかかり、寿命が短くなる可能性があります。
    2.メンテナンス: 定期的なメンテナンスや修理が行われるかどうかも寿命に影響します。エッジの研磨、ワックスの塗布、補修などを定期的に行うことで寿命を延ばすことができます。
    3.スキーのパフォーマンス: スキー板のパフォーマンスが続くのは大体100日程度の滑走と言われています。今までのようなパフォーマンスが発揮出来なくなってしまった時が寿命と言えるでしょう。

    一般的に言って、適切なメンテナンスが行われ、過酷な条件で使用されない場合、スキー板は5年以上使用することができます。しかし、目に見えるダメージや破損がある場合は、安全のために早めに交換することが重要です。ご自身のスタイルや技術に合わせて新しい板を選ぶことも一つの理由となります。
  • Q.バックカントリースキーとツアースキーの違いは?
  • A.大きな違いは滑ることに重点を置いているか、登ることに重点を置いているかです。バックカントリースキーは不整地やコース外のパウダーなどを滑ることに重きを置いており、スキーの幅が広く、パウダーの中で浮力を得られるような作りになっています。一方ツアースキーは、スキーで山頂まで登りスキーで滑走することを目的にしているため、軽量で登りやすいスキーになっています。
  • Q.スキー板のチューンナップは必要?
  • A.1シーズン使用したスキーに対してチューンナップは必要です。チューンナップは車で例えると車検のようなものです。チューンナップを行うことで、スキー自体の寿命や滑走性能が上がるだけでなく、自分で気づかなかった故障や破損を知ることができます。スキーを長く楽しむためにもチューンナップを行うことを勧めております。また、スキーの滑走面(ソール)が白くなった場合はチューンナップに出すことでケバが無くなりきれいになります。
  • Q.購入したスキーにワックスは塗っていますか?
  • A.一般的なスキーの大半が工場出荷時にワックスを塗って出荷しています。しかし、一度滑ると効力が失われてしまうので有賀園ゴルフオンラインAGO内 Mt.Peaks(マウンテンピークス)ではワックスフューチャーの加工をお勧めしております。

スキー板の種類や選び方と、おすすめのスキー板をご紹介しました。有賀園ゴルフオンラインAGO内 Mt.Peaks(マウンテンピークス)では、スキー板購入時に曲がりやすく、転びにくくするプレチューン加工も承っています。その他スキー板の購入に関するご質問もスキー専門の販売員がしっかり丁寧にお答えしますのでぜひご利用ください。

あなたにおすすめの特集